曖昧なのは甘いだけ

赴くままに

【S14使用構築】閃光疾雷ライボランドテテフ【最高/最終2114 48位】

S14お疲れ様でした

自分の中で満足できる結果と並びができたので公開します

 

f:id:karozi_poke:20190403214849p:plain



   

【結果】

f:id:karozi_poke:20190403184625p:plain
TN Blacky
最高/最終2114 最終48位

 

以下常体

 

 

【コンセプト】 
・相手のミスリードに乗らず、こちらが主導権を握る

・安定択になりやすいとんぼやボルチェン、宿り木で相手と不必要な取引をしない

 

 

【構築経緯】 
トップメタであり、受けるのが難しいf:id:karozi_poke:20190520082356p:plainf:id:karozi_poke:20190520082438p:plainf:id:karozi_poke:20190520081924p:plainf:id:karozi_poke:20190520082515p:plainなどに対してスムーズに展開していけるf:id:karozi_poke:20190403184737p:plainを軸とした。

ライボの数値の低さを下からとんぼで補助するゴツメf:id:karozi_poke:20190403185002p:plainf:id:karozi_poke:20190403185239p:plainを安定して受けられて鋼タイプでありながら地面を透かせられる残飯f:id:karozi_poke:20190403185159p:plainf:id:karozi_poke:20190520081702p:plainへの後投げのリターンが最も高い水Zf:id:karozi_poke:20190403185050p:plainを採用した。

そして、このままではきつい積み構築全般に対応できるスカーフf:id:karozi_poke:20190403185239p:plain、こちらよりも深い受け回しに対する回答として、岩Zf:id:karozi_poke:20190403185338p:plainを加えて構築が完成した。

 

 

【個体解説】 

f:id:karozi_poke:20190403184737p:plainライボルト@メガ石

145-x-100-187(252)-101(4)-205(252)

10万/めざ氷/毒/ボルチェン

 

[調整意図]

基本、下からとんぼや宿り木を入れてから場に出すため耐久調整はせずにCS振り。

 

本構築の軸であり、唯一のメガ枠。

メガ前の特性は、動かし方が増える避雷針一択。

技構成はボルチェン、めざ氷、カグヤで詰めるルートが取れる毒までは確定。

あと一枠には、コンセプト通りこのポケモンを盤面に残すことを優先しているため、ボルチェンで交代することなく一致技で相手のポケモンを落とせる10万を採用した。

スペックの割に薄い選出をされることが多くて動かしやすかった。

避雷針と威嚇で実質700族なんだよなぁ・・・

 

 

f:id:karozi_poke:20190403185002p:plainランドロス@ゴツメ

腕白:195(244)-165-156(252)-x-100-113(12)

地震/とんぼ/叩き/ステロ

 

[調整意図]

H-B:できるだけ高く

S:相手のf:id:karozi_poke:20190403185002p:plainの上から叩きを入れる12振り

 

クッション役。

混乱実のほうが場持ちはいいが、ライボの足りない火力を補うためのゴツメ。

技構成は地震、とんぼまでは確定として、カバとランド、カビの持ち物を落とす叩き、役割集中された後のリザとガッサをケアするためにステロを採用した。

役割対象のポケモンには申し分ない仕事ぶりを発揮するが、選出されなかった場合は腐りがちなので、相手の構築に応じてこのポケモンを選出すべきなのか見定める必要がある。

 ライボのボルチェンから受けだして下からとんぼする動きの対応力は相変わらず高く、さながら後出しじゃんけんのように感じた。

 

 

f:id:karozi_poke:20190403185050p:plainカプ・レヒレ@水Z

控えめ:173(220)-x-135-147(148)-150-123(140)

ドロポン/ムンフォ/瞑想/黒霧

 

[調整意図]

C:水ZでH4振りf:id:karozi_poke:20190520090942p:plain高乱数一発

S:準速f:id:karozi_poke:20190520084234p:plain抜き

 

地面に強く、水に対しても打ち合える水枠。

最低限ほしい火力と素早さを残して後は耐久に振った。

黒い霧はバトン系統をケアできて、水Zを打った後の起点回避にも役立った。

回復手段がない使い切りタイプのポケモンなので、どこで体力を消費させるか考えて立ち回った。

ミストフィールドによって、相手が毒や欠伸を押すことにリスクをつけられるのがこのポケモンの強み。

 

 

f:id:karozi_poke:20190403185159p:plainテッカグヤ@残飯

生意気:203(244)-121-144(164)-127-147(100)-72

ヘビボン/放射/宿り木/守る

 

[調整意図]

H‐B:A特化f:id:karozi_poke:20190520082438p:plainのA2↑シャドクロZ確定耐え

H‐D:C特化f:id:karozi_poke:20190403185239p:plainのフィールドサイキネ+10万を残飯込みで確定耐え

 

本構築の詰みエース。

物理にも特殊にも役割を持たせているため両受け。

物理と特殊のどちらとも耐久が危ういが、ライボの威嚇と合わせることで受けが成立する。

持ち物はグロスやマンダ、ミミ意識で混乱実での採用も一考だが、ボルチェンやとんぼから残飯が発動する動きにシナジーがあるため残飯推奨。

不利なポケモンにはめっぽう不利で、一度不利対面を作られると交換読みの行動をされることが多いが、そこで読み勝とうとするよりもリスクリターンを考えた選択をすることが大切。

かぐや様は詰ませたいって感じだ・・・

 

 

f:id:karozi_poke:20190403185239p:plainカプ・テテフ@スカーフ

臆病:145-×‐95-182(252)-136(4)-161(252)

サイキネ/ショック/ムンフォ/シャドボ

 

[調整意図]

火力と素早さを優先してぶっぱ

 

一貫させて通したり、積みポケモンのスイープをしたりする枠。

臆病採用なのは、パーティ単位できつい最速ポリZやガモス、リザなどの準速100族を抜くため。

ヒレカグヤの並びできつめなルカリオ入りやラティオス入り、アゴギャラ入りのレート差マッチングにも強く、うまい具合に構築の穴を埋めてくれた。

この構築ではストッパーの役割を担っており、このポケモンを起点にされると切り返せないので、どの技で拘るかを慎重に考えて技選択した。

グロス入りには有利対面シャドボ安定!

 

 

f:id:karozi_poke:20190403185338p:plainバンギラス@岩Z

意地っぱり:175-204(252)‐130-x-121(4)-113(252)

エッジ/かみ砕く/ほのパン/龍舞

 

 [調整意図]

A:崩し性能を重視して特化

S:龍舞後に最速f:id:karozi_poke:20190520091621p:plainを抜くために準速

 

受け回しに対する崩し枠。

炎のパンチはナットレイ絡みへのピンポイントメタ。

持ち物はエッジを一度だけ命中安定にする岩Z。

某ライボバンギカグヤの人の影響で並びからチョッキを読まれることもあり、舞いやすかった。

受けサイクルに対しては、バンギの全抜きチャレンジ()することになります。

 

 

【おわりに】 
シーズン14お疲れ様でした。

自分は最終日に2040と2020の2ROMで潜り始めましたが、2100付近での順位が混み合っていたので2100帯から1勝することができ、うれしかったです。

来季も潜ると思いますので、よろしくお願いします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

そして、今季マッチングした皆さんは対戦ありがとうございました。

 f:id:karozi_poke:20190403185654p:plain

 

 

何か構築などについての質問等あればTwitter(@karozi_poke)までどうぞ

 

 

 

 

 

追記 個体解説のコメントを一部、修正しました